■2020/10/18(日) 薬剤師研修 / 11:00pm


今日は、Zoomを使った薬剤師研修を受けた。
テーマは、これからの薬局・薬剤師像。5人グループで討論しながら。かなり難しい内容だった。

薬局は51年周期で大きく変化している。

第1期。昭和時代は町の薬屋さん。
処方箋は扱わず、赤チンとか正露丸とか(わ、すごい!100年前から売られてる!)、一般の薬を売るだけ。
雑談しに寄っていくお客さんも多かったでしょう。

第2期。調剤薬局が街中にできる。
1970年頃から処方箋を扱う調剤薬局が出来始めた。
まもなく医薬分業になり、院内調剤から院外薬局へ。
気付いたら、薬局はコンビニエンスストアよりも数が多くなっている現状。

第3期。在宅・介護に対応する薬局時代へ。
2010年頃から在宅が進みだした。超高齢化社会に対応するため当然の流れ。

それぞれの期は、導入時期~成長期~成熟期を合わせると51年周期で動いているらしい。
成熟期のあとは、衰退期だ。
衰退する前に、次なるステージへ変わっていかなければならない。
現在の第3期は、在宅・介護を扱う薬局時代の「導入期」に当たる。
これから在宅介護を扱う薬局や薬剤師がどう成長し成熟していくか楽しみだ。

どんなビジネスモデルにも衰退はやってくる。
実際に薬局の歴史を見せられて、なるほどと思った。
大事な事は、このビジネスモデルの変化に伴い、働き手の意識、仕事内容も変わっていかなければならないという事。

私が介護施設の薬剤師になった事は、もしかすると、
第3期にのった新しい薬剤師像を目指せるチャンスかもしれない。
きっとこれから大きく変われる可能性がある。
そう思うと、パワーが湧いてくる。

研修では、こう言われた。

 Whyからスタートすると、パワーがでる!

うんうん、すごく元気が出た。

薬剤師は忙しい。
マシンのように働き、多くは面白くない作業で、心身ともに結構しんどい。
「薬を渡すだけでいいのですか?」と問うべきだ。
Whyから始めよう。これからの薬剤師像を導いていこう。

人間は創造性がある事をやるとイキイキとしてくる。
私も空いている時間で何か創造しようと思う。
ブログや日記を書く事も、創造性はありますよね。
このブログも意味はあるということで、じゃんじゃん、笑。

 

|

■2020/10/15(木) 淡々とこなす / 7:30pm


K201015


介護施設の薬剤師、2日目でした。

とても時間内には終わらない作業量で、
いや~、今日もくたびれた。9時半から17時まで、昼食以外立ちっぱなし。

ひたすら処方変更の調剤と配薬をこなした。
時々、処方変更の経緯をリーダーに訪ね、あーだーこーだ話した。
そこは面白かった。

それにしても配薬を甘くみていた。
毎日の薬をケースに入れるだけ、と思っていたら、まー、大変なこと(・_・;)。
120名の薬だから、膨大な量になる。おまけに、処方変更が多くて。

薬剤師リーダーの夢と、私の希望は一致しているの。とても嬉しいこと。
今はコロナ禍でもあるので、淡々と作業をこなそう。その間に、
現状のやり方をより効率化させて、余裕ができたら、
以前のように面会もOKになった暁には(コロナが終息したら)、
利用者さんともっともっと関わり合えるように改善していこう、
とリーダーと話した。

自分達が心地よい方に物事を変えていこう。
その過程も楽しみだ。

 

|

■2020/10/8(木) 8年ぶりの出勤 / 7:30pm


K201008


老健の薬剤師としての初日でした。
2時間延長して夕方まで頑張ってきました。
昼食時以外ずっと立って作業をしていたせいか、
帰宅したら、どっと疲労感(・_・;)。

施設ごと、色々なやり方があるでしょう。
入職した施設でも、常に試行錯誤、悩み、考えているとの事。
薬剤師の職務範囲も、これから色々な可能性が無きにしもあらず、のようです。
そこに期待をしています。

それにしても、入職の提出書類の多さにびっくり。
こんなにありました(写真)。
身が引き締まります。

とにかく、現場に身を置きたい。
という思いが強かったのです。その意味では大満足です。
おいおい、薬剤師の枠だけではなく、
施設で働く異業種のみなさんと関わりを持ったり、
利用者さまと一緒に過ごす時間を作れたらいいな、と思っています。

 

|

■2020/9/26(土) 薬局へ / 6:00pm


K200926


前に勤めていた調剤薬局へ挨拶に行ってきました。
社会復帰の準備の「ラスト」です。ヽ(^。^)ノ

顔をだして良かったな~~(^^)。
土曜日の夕方で、リーダーしかいなかったけど、
すごく喜んで貰えました。

仕事内容は若干ことなるけれど、
薬剤師として、これから教えて貰う事がたくさんあると思います。
そして、何よりも社会復帰をリーダーに報告したくて。
実は、リーダーは、社会福祉士の資格を取られたのです。
調剤薬局だけではなく、介護の方面へ幅を広げようと考えていらっしゃる方。
だから、老健に入る事を喜んでくれて、
幸せを感じました(*^。^*)。

薬局に顔を出した時は、必ず何か買ってきます。
今日は黒いマスク。
リーダーが付けていて。女性薬剤師なのに黒を。かなりかっこよかった!
黒マスクは今やまったく変じゃないですね。
私もこれを日常使いのシフトに加えることにします。

 

|

■2020/9/14(月) 復習は範囲をしぼって / 11:00pm


K200914


珍しく、朝、愛しの丘へ。
愛犬を連れたご家族、無線をする人、畑作業のおじさん達がいて、
朝は朝の良さがあります。

背中の粉瘤を摘出した傷跡はまだ不完全。
形成外科のテープを貼り続けていて、汗をかくと痒くなる。
テープにまけやすいヤワな肌なので、この季節に切開した事は面倒でした。
残暑が厳しいので、未だに通常のウォーキングはやめています。
でも、たらたら歩いても汗だくですよ。
ほんとに今年の暑さには参りました。

さて。来月から介護施設の薬剤師として社会復帰をします。
8年間遠ざかった結果、薬を忘却してしまっていて、まー大変。(@_@)
とりあえず、高齢者さんが処方されやすい薬群の復習をしなければ。
少しずつ、範囲を限って、少しずつ。

 ・利尿薬
 ・降圧薬
 ・心臓の薬
   ・抗血栓薬
 ・入眠剤、向精神薬
 ・抗認知症薬
 ・泌尿器・前立腺薬
 ・消化器薬(便秘薬、下痢止め)
 ・抗生剤
 ・解熱鎮痛薬

まずはこのあたりを。

 

|

■2020/8/21(金) 通知 / 11:00pm


K200821_20200822220901


10月から働く介護施設から内定書が届いた。
そうそうは貰えるものじゃないので、身が引き締まります。

1つ前の調剤薬局では内定書はなかった。
それどころか健康診断もなく。私企業だからかな。
その前のソフト業の2社もなかった。
更にその前の割と大きなソフト会社は多分貰ったと思うけど記憶にない。
更に更にその前の仙台での大学職員は絶対あったと思うけど(公務員だから)、
これまた記憶にない(^^;)。

この歳にして内定書…。
週1回の短時間パートなのに、丁寧な対応。
先日の見学は試験だったって…?
そんな雰囲気はなかったのに、人生ってわからないものですね。

身が引き締まります。

 

|

■2020/8/13(木) 復帰 / 11:00pm


K200813


先日見学にいった施設から、
 「近日中に連絡します」
と言われて10日目。

近日中って何日くらいかなあ?
私の感覚では1週間くらいだけど…。遅いな。
話し合いがうまく進まないのかな。(←好意的な解釈)

途中、気がせいて、
年齢がやばいので、早く就活を進めたい、と浮気をしそうになった。

でも、元々採用予定がないのだから、私ったらどんな期待をしているんだかー。
施設の都合も考えず、自分勝手に焦っては人間が小さすぎる。

で、連絡が来るまでのんびり待とう。

と今日決めました。

これを巡り合せ、というのかもしれません。
午後に、やっとやっと施設から連絡をいただきました。

え? ほんとーーー?
10月から働かせて貰えることに!!!
(*^。^*)

既に何人か薬剤師さんが在籍している事もあり、私はたった週1日だけですが、
7年半ぶりの社会復帰が楽しみで仕方がないです。

経験が中途半端で歳をくった私を使ってくれる事、
感謝でしかありません。

介護現場に身をおきたい。
介護社会に恩返しがしたい。
そして、なんとしても社会復帰をしたい。

それが叶う再就職は、
本当に嬉しい事です。

10月までの1ヵ月半。
薬の復習をして、体調維持を心がけて過ごします。

感謝を忘れずに。
ゆっくり、無理のないように、働こうと思います。

 

|

■2020/8/3(月) 施設見学 / 11:00pm


施設の見学に行ってきました。

今は薬剤師の募集はしていないようだったので、せめて見学だけでも、とお願いしたら、事務長さんがこうおっしゃって下さったのです。

 「施設ごとにやり方が異なるので、
  この施設はこうやっている、というのを見て下さい。
  参考にして貰いたいです。」

なんて心の広いこと!
コロナ禍なので、体調を崩さないように心がけながら今日まで過ごしました。

受付でひととおりの準備を終えた頃、白衣をきた薬剤師さんが迎えてくれました。
落ち着いたいい感じの方です。
調剤室に招かれて、その薬剤師さんと1時間話をしました。

この施設での薬剤師業務はどういうものか。
現状を詳しく伺うことができました。

薬棚を見せて貰い、手元に用意している薬はこんな感じなんだ…と。
老健での医療は、積極的な治療ではなく、おおかたは「維持」なので、
抗生剤、胃腸薬、抗炎症鎮痛剤、利尿薬、血糖値降下薬あたりは、基本となる薬数種類だけのようです。
反対に、向精神薬の類は思ったより多そうです。認知症薬も取り揃えてある感じでした。

薬剤師は薬管理が基本ですが、
看護師さんに負担をかける事なく如何に薬の提供をするか、
という事も大きなポイントのようです。
看護師さんって本当に大変ですよね…。
父がお世話になった施設もそうでしたが、看護師さんが医療体制の軸になっています。
夜勤もあって。

薬剤師さんと1時間話したあとは、事務長さんと10分ほど話をさせて貰いました。

元々薬剤師は満席で採用予定はないけれど、
コロナや他の事情で、誰かが出られなくなる場合を考えているようです。
それを言いだしたら、全職種スタッフ全てを増やしたいです(^^;)
と苦笑いされていました。

もしかすると、もしかして?私の積極性が少しは良かったのか、
「薬剤師メンバーと上層部と話し合ってみます。
 その結果を近日中に連絡します。」

と言われて、
見学だけなのに、+α??、と不思議な感じで帰路につきました。

 

|

■2020/7/28(火) 見学は来月 /6:50pm


7月初めに直接電話をかけて、その後2回電話で話をしたとあるところへ、
見学に伺う日が決まりました。ヽ(^。^)ノ

そこへは、数ある薬剤師就活サイトを通さず、直接問い合わせました。
動かないと、という思いから。

残念ながら、採用の予定はないとの事。
それでも「見学だけでもお願いできませんか?」と伺ったところ、
OKを頂いたのです。

そこで働いている一番長い薬剤師さんにもお会いできます。

もう、見学だけで楽しみ!

そこは、実は、

介護施設です。

薬剤師はこれからますます、〝対人”が望まれています。
今までは、対物が多かったと思います。特に調剤薬局は…。
これからは、人をみて、その人の生活や気持ち、家族環境なども知って、
仕事をする事が期待されています。
高齢化社会に伴う必然的改善、と言えます。

その流れと並行して、
私は遠距離介護10年間を経験して、介護にかかわる薬剤師をやってみたい、
と思うようになったのです。

介護施設の薬剤師ポストはとても少ないです。
老健は300人に対して1人の薬剤師を配置する義務がありますが、
そもそも300人の老健は殆どありません。つまり、
薬剤師を配置しなくて良い、のです。
特養と有料老人ホームに至っては、配置義務はありません。ほぼ100%、外部の調剤薬局が管理をしています。

老健の薬剤師はママ薬剤師に大人気らしく、
私は年齢とブランク7年ゆえ〝吹けば飛ぶ”ような存在です。勝負になりません。(^^;)

でも、まず動いてみたい。

何か所かあたって、それでだめなら、また別の事を考えればいい。

この歳になったら、楽しくできる仕事がしたい。
ストレスをためて、夢にうなされ、胃痛を起こすような仕事はしなくていいでしょう?
やりたい事をする。
それを許して貰える年頃になったと思います(^^)。

 

|

■2020/7/16(木) 待っても来ない時 / 7:30pm


K200716


貰えるだろう連絡が、待っても来ない時、どういう気持ちになりますか?

例えば、
折り返し貰える連絡がなかなか来ない、とか
メールの反応がなしのつぶて、だったり等。

勿論、再びこちらから連絡をしなければならない場合もありますが。
仕事ではなくて。「どうして?なんで~?」と気になるような距離感の時。

今日は、あるところに見学にいく予定でした。
当日に時間を決める流れだったので、午前中に電話をしたら、

先方は朝から忙しく、もう一人の当事者の都合を聞くことすらできていない、との事でした。
折り返し連絡を貰うことになりました。

午後1時…、
午後2時…、
結局午後5時になっても連絡が来ませんでした。

見学を楽しみにしていたので、元気が無くなってしまった。(もろいな、笑)
どうして連絡が来ないんだろう?
一瞬「ひどいな…」と思いかけたけど、思いとどまりました(^^)。

相手の状況が見えないのだから。非常な忙しさかもしれない。
自分の事ばかりを優先すべきではない。

と思うからです。

こういう時、今まで何度となく「本当に納得のいく理由」がわかった事があります。
何も見えないのにあれこれ憶測するのは「ろくでもないなあ」と一件落着。

何事も、慌てないこと。あんまりピリピリしない事です。

さて。私は無事に見学ができるでしょうか?
今日の悲しさを跳ね返して、行動あるのみ。よし!(^^)!

 

|

より以前の記事一覧