■2021/4/17(土) 月命日 / 6:50pm


K210417


父は雨音が好きでした。

1年2ヵ月目の父の月命日は、雨の1日になりました。
しとしとぴっちゃんが好みのようでしたが、
今日は大粒の雨、夜は土砂降りかも?
天はありったけの愛情で父の月命日を偲んでくれているようです(^^;)。

ガーベラを飾りました。
母が好きだった花の1つ。
ピンクは、父や母のガラじゃないけど、
なんとなく今日の私のハートはピンクに惹かれました。

ディナーはお決まりのカレーを煮込んでいます。
そして、白玉団子に小豆をかけて頂きます。
手作りなので甘さ控えめで美味しくできました。

夕方、ふと、色々な事が行き詰まりに思えて、少々胸が苦しくなった(^^;)。
(苦しいって、病的ではなく、精神的になんとなく、です。)

考えても仕方がない事に時間を使う性格はなかなか治らない。
もはや、悪癖。呆れちゃうな。
みんな頑張っているよ…。だから私も頑張る。

どんな時も、天国の父と母が見てくれているだろうし、
姉もいてくれるし、相棒さんはミカタでいてくれる。
こんなに見守られていて怖いものなしの筈なのに。
雨のせいかな。

父が好きだった雨音を
優しく感じたいと思います。

 

|

■2021/3/26(金) 月をみて想う事 / 11:00pm


夕方、まだ明るい空に白い月が出ていました。

1年前から、月をみると話しかけてしまう。父のような気がするから。

今日の私のキーワードは、「幸せになる」でした。
お昼にたまたまテレビでみた藤井フミヤ氏のトークが影響しています。

フミヤ氏は、以前は色々やっていたけど、数年前から音楽一本に決めたそうです。
音楽以外にいくつも才能を持っているのにそれらをすっぱり捨てたようです。
あら、もったいない、2足のわらじを履けばいいのに、と最初は思いました。

昨年コロナで仕事が全くなくなったけど、
(音楽一本に絞っているので、本当に仕事が無くなったそうです)
最近少しずつ復活してきて思う事は、

 音楽ってなんて幸せな仕事だろう。
 自分も楽しい、人々にも幸せを感じて貰えるなんて、
 さいこーに幸せな事。

素晴らしいです。フミヤ氏が羨ましく思えました。

多くの人は、仕事は少なからずストレスだもの。
ストレスをかかえながらも、やらなければならない、更なる向上をめざし学び続ける、
人のため、自分のため、社会のため…、なのですから。

なんて幸せなんだろう~、

そんな喜び100%に近い言葉は、働いていて思った事はないです。

キーワード「幸せになる」がぐるぐる心を埋めている中、
夕方綺麗な月を見ました。

 父と母に貰った人生、幸せにならなくちゃ。

と、強く熱く誓いました。

 

|

■2021/3/17(水) 辛夷 / 9:40pm


K210317


辛夷。

これだけを書かれたら…読めません。

コブシです。

父が大切にしていた木。
私の住む地域では今満開ですが、
仙台の実家のコブシはもう少しあとです。

手入れもできず…。元気にしているかな?
家は勿論、庭の状態も気になります。
早く仙台に帰りたいな

今日は父の月命日。
カレーの日でした。
そして、行く先々でコブシの花を沢山みかけました。
ほんとに綺麗。可憐な白で、心が洗われるような気がします。
父にも見えていることでしょう。

1年1ヵ月。早いな。

 

|

■2021/3/11(木) 10年 / 11:00pm


K210311


パートの日でした。
今日もよく晴れた明るい日でした。
確か、10年前の今日も…。

もう10年。
まだ10年。

立場で感じ方が異なると思うけれど、
一致している思いは、

「忘れない」

という事。

被災地の今をテレビで観ました。
まだこんな状態なんだ…と愕然とします。

それでも1歩ずつ、解決に向かっているのです、
あの原子炉も。

忘れては、決していけない。
天災は防ぎようはないけれど、
教訓や学びを与えてくれるのだから。

流れた沢山の涙。失われた多くの命。
忘れては、決していけない。

 

|

■2021/3/7(日) 玉手箱 / 11:00pm


K210307


まいせんのお弁当。玉手箱。

懐かしいな。仙台に帰る時、東京駅でよく買ったなあ…。
(今日は、近所のスーパーに売っていたのです。)

お昼前に実家に着いて、父と一緒にランチをする時、
父にこのお弁当を見せて、

 「どれか、食べる?」

と聞くの。
父は決まって、カツサンド1つとお稲荷さんがいいな、と。
父のトーストと半分ずつトレードしたっけ。

1つ1つの父とのシーンが、未だに鮮明に思い出される。
鮮明である事が、嬉しい。勿論切なくなるけど、
その鮮明さは、父がまだ近くに居るような気にさせてくれる。

電話をしたら父と話ができて、仙台には普通に父がいるような。

見守りカメラをみると、やっぱり誰もいない。(^^)。

今年こそは仙台に帰って、残った役所の手続きや、各所への挨拶、そして、
実家の整理をしたい。しなければ。

 

|

■2021/2/28(日) 切ない夢 / 7:30pm


K210228


父や母の夢を時々みます。

いい夢もあれば、切ない夢もあります。

今朝は後者…(^^;)。
切なくなって飛び起きたら、寝坊寸前でした。セーフ (^^;)

知らない場所なんだけど、
引き出しの整理をしている私。
そしたら、父の洋服が出てきたのです。

もこもこの、毛玉が付いた、室内ズボン。。。。

ねずみ色のと、えんじ色のズボン。。。

あ、、、父の、、、(;;)
なぜこんなところに?まだ残っていたんだ…。

ここに置いておけない、
なんとしても持って帰るんだ。

と切ない気持ちでいっぱいになっている夢でした。

やはり、仙台へ帰られない事が気がかりなのでしょうか。
早く帰りたいな…。

2月最後の日。
今日も連日と同じように、やる気が起こらず。
せめて、お菓子の1つ手造りをしようと決めた。

紅茶のクッキーと、チョコのクッキー。
(お?2つも作ったじゃん(^^))
バター、卵は不使用なのでヘルシーな筈。
チョコクッキーが何故か硬ーくなった。
硬いから沢山食べないだろう。それなら良いな。

 

|

■2021/2/17(水) まだ近くにいるような / 9:30pm


K210217


父が月になって1年です。

今月は、月初めから気持ちが落ち着かず、どこかソワソワしています。
せめて3月になって欲しくないな…。

1年前の「今」を鮮明に思い出します。

ああしてあげればよかった、
あんなこと、しなければよかった、と
未だに後悔したり、

最期まで(前日の夜6時、別れ際まで)意思疎通ができた事、
「ばいばい、明日の朝またね」、という言葉にもちゃんと答えてくれた事、
施設の介護士さんに、「お父さん、すごくかわいいですね」、と
人気があった事(笑)、
在宅のヘルパーさんが全員(6名)火葬の前夜にお別れに来てくれた事、
(もはや伝説的です、と言われた、笑)
庭の木を切った切らないで大騒ぎされた事、
カレーが好きで、いつも「うまいな」、と喜んでくれた事、
執筆の手伝いをした数年間の事、、、

微笑ましい思い出も沢山思い出します。

誰でも、必ず居なくなります。
だから、生きている人を大切にしなければ…。

今日のメニューは、結局いつもの月命日と変わらないけど、
父の好物ばかり。

ポークカレー、
茄子の味噌煮、
お団子(餡子も手作り)、
ビール(125ml缶)、

そして私達にサーモンのサラダを。

 

|

■2021/2/16(火) 生花 / 10:00pm


K210216


義理両親から花を貰いました。

突然送られてきて、

 え? お父さん、お母さん、いったいなぜ?

一瞬わけがわからず不思議でした。
花の色合をみて、はっと気付きました。

まさかお花を貰えるなんて思ってもいなかったので。
サプライズでした。

明日は父の命日。
あっという間に1年。

我が父は、法事が嫌いで、やらないで欲しい考えなので何もやっていません。
親戚にちゃんと説明をしてわかって貰っています。
お気持ちで、私は嬉しいです。


うるっとします、お花を見ていると…。

義理父にこういわれました、

 悲しいと思うけど、
 お父様は101歳、すごいです。天寿を全うされたし、
 最期まで頭がしっかりしていてちゃんと意思疎通ができた事は
 幸せだと思います。
 悲しいけど、前を向いて元気にね。

そうします。大丈夫です。(^^)

 

|

■2021/2/1(月) ついに2月 / 2:30pm


K210201


ついに、、、2月になってしまった。

父が月になった月。(紛らわしいな、笑)

2月が近づくにつれて、寂しい気持ちが深くなった。
しかし時は容赦なく流れて、あっという間に今日がやってきた。

もう1年になるなんて、考えたくない。
なんだろう、この寂しさ。

きっと、両親がどちらも居なくなる事が、こういう事なんだろうな、、、

と納得してみる。(うん、そうだね。)

昨年の今頃の事をよく思い出す。
1月末に退院し、そのまま老健へ。
非常に便の悪い老健だったので、朝行って夕方6時まで缶詰。
猫2匹を飼っている施設だったので、猫と遊ばせて貰ったり、スタッフとおしゃべりしたり。
考えたら、今の職場より、スタッフとか利用者さんと交われて楽しかったなあ。
どんどん「ともしび」のようになっていく父は切なかったけど。

おととしの今頃の事も思いだす。
父は在宅で、相変わらずのんびりと(寝ることが増えたけど、)
静か~な時間を過ごしていて、
いったいいつまで生きるかな、、、と思わせるアッパレな100歳だった。
ヘルパーさん達にも大事にして貰えて、なかなかの幸せ者だと思う。

全てが よき思い出。

最近は、父と母が一体になって、思い出に現れる。
夫婦は2人で1つ?
子にとって仲が良い両親は嬉しいもんだ。

一般より、やや早い両親との別れ。
まだまだ教わりたい事、話したい事、聞きたい事が残っていたけど、
ほんとに「気付いた時に親はいなくなる」もんだ。

今日はちょっぴり両親を思って泣けてくる。
暇なのかな。
何か1つでも勉強をしよう。

 

|

■2021/1/17(日) 11回目 / 9:00pm


K210117


父の月命日です。
11回目。
早いな…。まだ傍に居てくれるみたいなのに…。

月命日はカレーの日。
ことこと煮込んだポークカレー。ビターチョコを2切れ入れてコクを出しました。
美味しくできました。

デザートは白玉あんこにしようかと、
小豆をことこと、ことこと。
今日は煮込んでばっかり。

白玉は簡単でいいですね。
つるっとしているから高齢者は食べちゃいけませんね。

とても美味しくできました。

K210117a


K210117b


 

|

より以前の記事一覧