■2019/11/25(月) いよいよ癌検査器 / 7:30pm


ヤフーのニュースより。↓


血液1滴でがん13種99%検出 東芝、20年から実証試験


いよいよ、血液1滴で癌がわかる時代がやってきました。
癌の有無の精度が99%とは、すごい。

血液中に分泌されるマイクロRNAを検査する方法です。
臓器の特定の癌細胞から血中に分泌されるマイクロRNAを調べれば、癌の有無を検査できる、という話。

マイクロRNAって…?

 

【遺伝情報を有する塩基で構成されているらせん体:DNAの情報を
 mRNAが写しとり、リボソームに伝える。
 tRNAはその情報をもとに、
 タンパク質合成に必要なアミノ酸をリボソームの運ぶ。
 リボソームで、タンパク質が合成される。】

随分はしょりました(^^;)。
タンパク質は体の基本構成要素で最重要ですね。こうやって合成されます。

さて。マイクロRNAは、同じRNAという名前でも、
生命活動で重要キーマンである上記のRNAと異なる性質を持っているようです。
かなりのチビなRNAで
遺伝子の形成(発現)を抑制するのですと!

mRNAの遺伝子情報の写しを阻害したり、mRNAの分解を促進したり…。
生体には、正の作用があるものがあれば必ず負の作用をもつものが存在します。
アクセルとブレーキ、SとNみたいな。
双方がバランスを取ながら、生体はなりたっています。
ただ、このマイクロRNAは、いろいろな疾病の発症や進展に関わっているそうなのです。

全てのものには長所と短所があるので、マイクロRNAにも良い働きがあるでしょう。

でも、癌が発生した時、
その癌に特徴的なマイクロRNAが血中に出てくる、という事。

医学の進歩は期待したい。
父のように、長生きをして終焉を迎えるのは自然ですが、
癌で亡くなる事…、私はご本人、周りの人々の大変さは想像できません。
それが少しでも改善するなら、
もし癌になっても、立ち向かう勇気が貰えるような気がします。

 

|

■2019/10/20(日) それでも生きる / 11:00pm


姉の仕事仲間に、ALSになって休職している人がいるそうです。
ALS、筋委縮性側索硬化症。宇宙学者のホーキンス氏がなった病気です。

脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える「運動神経ニューロン」が侵されるので、
身体の色々な動き・機能が低下していく病気です。
動かせなくなると、そこは筋肉が痩せて落ちていきます。

手足が麻痺し、顔の動きが悪くなる。
話にくくなったり嚥下障害が起こる。
呼吸筋も侵され、呼吸がしづらくなる。

脳や五感は悪くならないので…、思考や意識は変わらずに…、…、
と書きながら、空しくなります。私には想像できない状態です。

姉の仕事仲間は、既に呼吸器を装着しているそうです。
24時間介護を受けていて、
ご家族は助かっているとの事ですが、
私には想像できません。

寝たきりだけど、かすかに動く手でマウスを操作してPCを使っているそうです。
今度、視線で動くPCを入れるようです。

どんな状況でも、人は生きていかなければならない、と強く心を打たれました。
私に、できるだろうか…。
その時には、落ちるところまで落ちて、そのあと、なんとか這い上がって、
1日1日を精一杯生きる…。
私に、できるだろうか…。

教わる事が多すぎます。
今日1日、どうだったかな?
無駄な経験は1つもない。無駄な時間はない。
人生の全ての状態において、心を尽くして生きなければ。

医学進歩は目覚ましいけれど、未解決な事は沢山残っています。
原因が解明されていない疾病に画期的な波が訪れて、
新治療法、新薬が出ることを期待してやみません。

人はみな、平等であって欲しい。

|

■2019/10/5(土) 土曜はダメねぇ~  / 3:00pm


循環器内科を受診した。2か月ごとの定期受診です。

1年半前から心臓が悪くて…ヽ(^。^)ノ。
自覚症状は たまーに不整脈を感じる事。
ストレスによる心疾患らしい。
高血圧ではないんです。
でも、病気が発覚当時は血圧が乱高下していたらしく(ストレスで)、
心臓に負荷がかかっている状態。投薬治療中です。

運動をやって鍛えていたので、心臓が悪くなるとは思わなかった。
といっても学生時代までの事だから、効果が失せたのかな。

たいてい平日に受診するけれど、今日しかなくなって当日予約をして参上。

結局予約時間なんてあってないようなもの。
2時間も待たされた。


さすがにイライラ…。でも、先生の方がもっと大変なんだ、とぐっとこらえる。
患者はわがままだなあ。

今日はいつにも増して1人1人の診察時間が長い。話をよく聞いてくれるいい先生なんだけど、
2時間待たされ、私は思いました、

 3分で終わらせてやるぜぃ~!

有言実行。

どうよ?((-_-)/~~~ピシー!ピシー!  ←どや顔、笑。

きっと待ちくたびれている静かな患者さん達は、私に感謝したに違いないです。

また2か月後、定期受診。

 

|

■2019/8/8(木) これも診察? / 9:00pm


今日は循環器科の定期受診でした。
昨年から心臓が悪くなってしまって…(>_<)。
軽い心不全で、何の変調もなく普通通りに生きています。大丈夫です。

2か月に一度、処方をして貰うための受診でした。

先生は、介護経験者。
私が心臓が悪くなったのは介護ストレスとおっしゃる。
多くの患者さんをみていて、介護が5年になると、結構多くの人が病気になるらしい。

まんまとやられました。(^^;)
介護の勲章でしょうか。

介護経験者の先生は、
今日も心配して下さいました。

どこかでちゃんと息抜きをしないと良くない。
ぼーっとする時間を持たないとダメですよ。

え…?

ぼーっとしてるんじゃないよーー!

じゃなくて、ぼーっとしていいの?ヽ(^。^)ノ

カラオケを勧められました。
どこの店がお勧めですか? という流れになったら、
先生は、近隣のカラオケを総ナメにしていましてね。
なんとまあ。面白い先生です。
これも循環器の大事な診察なのでしょう。

 

|

■2019/7/1(月) やってもーた / 9:15pm

 

K190701

やってもーた。

最近研修に出る事が多く、加齢、老化、未病、健康寿命など、
如何に健康維持ができるか、を学んでいるのに。

コレでお昼を済ませてしまった(@_@;)。

久々でおいしかった~(^ム^)。

美味しくモノを食べられるのは健康な証拠。
美味しければ幸せ。笑顔になる。だから、たまにはいいかな。

明日から、また、医食同源を考えて食事を摂取していきます。
身体にも美味しく、心にも美味しい物を食べて、
健康でいたいものです。
病気になると、自分だけの問題ではなくなる。
家族、周りに、深い迷惑をかけてしまう。
自分でできる予防はやらないといけません。

 

|

■2019/6/5(水) 朝のウォーキング / 8:00am

 

K190605

今朝は朝ご飯が超早かったので、
食べたあと、久しぶりに朝イチのウォーキングに出かけました。

朝6時に家を出たので、車が少ない。
鳥のさえずりが聞こえ、草木はみずみずしい。
あ~、やっぱり朝は気持ちがいいですね。

以前は早朝によく歩いていたけれど、
朝ご飯を食べる前の運動はやらない方がいいので、
とんとヤメてしまいました。

実は1年前から心臓がやや悪くなってしまって(^^;)。
まさか、でしたよ~。(^ム^)
原因はストレスにさらされた事、だそうです。
日中、イライラや介護でテンパったりして交感神経が高まり、
不整脈がちらほら出まして。
放っておいてよいわけではなく、早く治療した方が良いと言われ、
投薬治療開始になりました(薬はβブロッカー)。

そんな身体になってしまったもんで、(^^;)
きついストイックな筋トレはダメよと言われ(元々そこまでやってない)、
朝ご飯前のウォーキングはやめました。

心臓はたいしたことはないです。
特に自覚症状はなく、普通です。元気です。

ただ、もっと歳をとったらわからない。
多分、念願のピンコロ予備軍入り、達成かと思います。

 

|

■2019/5/27(月) 太ももを鍛えよう / 10:00pm


あさイチは時々とても参考になります。
今朝は「膝痛」でした。

誰でも加齢で弱ってくる膝。
使い過ぎれば関節内がすり減るし、使わなければ動かなくなる。
膝は腰とともに体幹のカナメです。
人生100歳の時代だから、本当に大切にしなければならないですね。

膝軟骨がすり減るのが問題だと思っていたら、
その前に「半月板がずれはじめる事」がきっかけだったとは。
しかも、その段階では痛みがない事が多いとか。
「沈黙の半月板のずれ」、なんですね。いやだなあ~。

予防策は、

1)太ももの筋肉をほぐす事。
2)太ももの筋肉を鍛える事。
3)浮指の防止。

膝はなんたって太ももで守られています。
40歳を過ぎると1年で何パーセントだったか筋肉が減ります。
筋トレは何歳からでも遅くはないので、自分にあったレベルの筋トレを是非やりましょう。
やればやっただけ効果があります。
私は、早歩き10分がお勧めです。できるだけ大股で、ぐいぐいと。

人生100歳の時代です。
脚が弱ると、自分でおトイレで用を足す事もできなくなります。
それは自他ともに辛い事…(・_・;)。
薬剤師研修で、在宅医療をやっておられる先生がこうおっしゃっていました、

 私が介護を受けるようになったら、
 希望は、
 最後の日まで自力でトイレで用を足せるように歩けること。

実感のこもった言葉でした。

 

|

■2019/4/15(月) 結膜下出血のその後/ 11:00pm


1週間ぶりに再び眼科へ。

結膜下出血発症後、11日目。
今朝から急に血の気が引いて、白目の部分が増えた。
と言っても、まだ半分は赤くて、アニメキャラクターのような眼をしている。
年齢的に、何もかも〝治り”が遅くなったなあ~。
加齢をがつーーんと感じる点の1つだわ(^^;)。

受診の結果、目そのものは問題なし。
かなりひどい出血だったので回復には時間がかかるが大丈夫との事。
よかった。
NSAIDsの目薬は赤味が全快するまで点眼するとの事。

この時期は気候の変化が大きいし、強風の日も多く、
思う以上に目は外部の刺激を受けている。
このような症状が出る場合は、
身体が疲れていたり、
ストレスフルだったりする事が否めないそうで、
サングラスなどで目を守るのは勿論、

「身体も休めて下さい。要注意ですよ。」

と言われてしまった。

眼科の先生に内科的な注意まで頂くと、ちょっと嬉しいな。(←変人かしら?笑)
身体は全部が関与しあっているわけで、
個々の科に分かれていても、医療は1つなんだ、と改めて思った。

それにしても、この眼科の先生はすごーーく目が澄んでいるの。
吸い込まれそうな美しさ。
多分私より年上だと思う。加齢で白目は汚れてくるのに、
先生はこれっぽっちも汚れていないの。
私なんぞ、濁りきってきったない…(^^;)
普段の目の健康管理はどうやっていらっしゃるのだろう?
さすがです。

 

|

■2019/4/9(月) 結膜下出血 / 9:20pm

K190409

 

先週の金曜日、朝起きたら、右目の白目が真っかっかになっていた。
夜寝ている時、格闘技の夢でも見たのかなあ…?
とにかく、よそ様がみたら、かなり気味悪いと思う。

それでも金曜土曜は、半分は白目のままだったからよかった。
何人もの介護スタッフさん達にお会いしたけど誰にも気づかれなくて。

それが、日曜と月曜で真っかっか部分が拡大したし(白目の4/5が真っ赤に!)、
日曜は血腫まで出来ちゃって(半日で消失したが…)、
これはさすがにやばいと思い、昨日眼科を受診。

一連の検査の結果、目は異常なし。
よくある(?)結膜下出血で心配無用と診断された。

疲れとストレスと季節の変わり目が重なり、
目が風邪を引いたようなものでしょ、と。

ほっとした。

写真をお見せしたいけど、気持ちが悪いのでやめておきます。(^^;)

ほんとにストレスは万病の素だわ。。。

数日間拡大するもの有り。血腫も有り。
とは言え、かなりひどい事は事実。治るのにかかるらしい。

自分では、真っかっかな目に慣れ、こんなアブノーマルな目はなかなかかっこいいかもなあ、
と思えるようになった。
サングラスが便利。初めて役にたっている。

桜は仙台が今、満開。我が家方面もまだ咲いている。
重なるなんて珍しい年だわ。

写真は我が家近所の公園の桜です。
今日はピーカンでピンクと葉が綺麗に映えました。

 

|

■2019/3/31(日) つぼ / 9:35pm

K190331

 


昨日まで観ていた韓国ドラマ【医心伝心】の鍼治療が面白くて、
人体のツボに興味が湧いてしまった。

さっそくこの本を買ってみた。

それにしても不思議。たとえば…、
足の薬指の爪の付け根のツボは眼や耳、鼻、口などの孔に関連してるとな。
端と端なのに、どうなってるのかなあ?
足の薬指の色が悪いと脳内出血の兆候の可能性もあるらしい。

不思議すぎる。面白すぎる。
これはちょっと覗いてみるしかない。

 

|

より以前の記事一覧