■2019/2/17(日) 頭をよぎった / 11:00pm


NHKのドキュメント番組『NHKスペシャル』を観た。

研究者にも個性がある。
メディア対応の「好き嫌い」があるし、研究者として今どの時期にいるかという事も大きな問題になる。
約20年前にノーベル賞をとった田中耕一氏は、当時はまだ若くて、研究者として最も魂を込めて人生をかけている時期だったから、 メディアに追われる事は相当のダメージだったのだろう。

久しぶりに観た田中氏は、根本は変わっていなさそうだけど、
眼差しが気になった。
インタビュアーの目を見て話さない。だけど、
研究室で仲間と話す時はしっかりと目を合わせている。
楽観的に生きられない、人生を問い詰めて問い詰めて、正直に生きている感じがした。
研究以外は、きっと不器用なんだろうな、とも思う。
何故か、とても共感ができる。
何にしても、質素、地味なところが特に。

また『Nature』に載る研究成果をあげたらしい。
やっぱりすごい研究者だなあ。
実用レベルになるのが待ち遠しい。

そして、次回予告が流れた。

『大往生~わが家で迎える最期~ 』

在宅医療の話。
映像を少し観ただけでぐっと心が掴まれた。
息を引き取ったおじいさんの顔が…父に見えてしまった(@_@;)。
こ、これは、たまらない…。
来週も観よう。

自宅のベッドサイドで、家族に見守られて、
最期を迎えたそのおじいさんが羨ましい。
同じ在宅でも父は一人暮らし。
なかなか帰省するのも大変なので、ふと、

 「あと何回帰省して、あと何回父に会えるのだろう?」

ということが頭をよぎる。
せめて、電話をたくさんかけてあげよう。

| | トラックバック (0)

■2019/2/16(土) 半年ぶりの転倒 / 1:00pm


K190216


カメラを見たら、父が床に転がっていた。

写真は名誉棄損にならないよう(笑)少しぼかしました。
あんまり変わってないかな。

カメラを見た時、既に転倒したあとで、
床に座って、立ち上がろうともがいていた。
場所は居間。椅子から立ち上がる時に転んだようだ。

すぐにヘルパー会社に緊急電話をかけて、次に来てくれる予定時間を可能な限り早くして 貰った。

結局、30分待ったかな。

その間、カメラのスピーカーから、父に声をかけつづけた。

 「大丈夫?どこか痛い?」
 「どこも痛くないよ。」
 「今からヘルパーさんが来るから、もう少し待ってて。」
 「わかった。」

 「静かに何かにもたれかかって座ってて」
と言っても聞かず、
お尻をスリスリして隣の部屋まで移動してしまった(写真)。
全く言う事を聞かない。

お尻のお肉が減ってるから、サルみたいに赤くならないといいなあ。
紙パンツの厚みが救いだなあ。。。

 「おそいな。誰も来ないじゃないか!」

愚痴までこぼす…(^^;)。

ま、それだけ異常なし、と言う事で。
こっちは父の為に遠隔地で色々頑張ってるのに~とカチンとくる。

歳とってから、何かを待つのは10分が限界。
何の場合でも、タイマーのように10分でかっちり怒り出す。

話はちゃんとできるし、手と身体の動きも悪くないので、多分大丈夫と判断して、
看護師さんには連絡しませんでした。

たまたまカメラを見たから人を呼べるけど、
カメラがなかったら、だれかが来るまでずっとこのまま。
そういう高齢者はすごく不安だろうと思う。
高齢者の一人暮らしは危険がいっぱい。

| | トラックバック (0)

■2019/2/14(木) 遠距離介護 / 7:00pm


K190214


遠距離介護において見守りカメラはとても便利だけど、
落とし穴がある。
見なければ我慢できなくなる。
毎日毎日、切ない事、驚く事、焦る事の連続。笑える事もちょっとあるが。
サプライズな事をみかけて、カメラのスピーカーから父を誘導するも、
うまくいったりいかなかったり。多くの場合はイライラしてしまう。

今日も焦った。
え?ちょっとちょっと、なんでそこで服を脱ぐの?
トイレじゃないよ…?(@_@;)

100歳の父の一人暮らしは既に限界オーバー。
ここまで来たらいけるところまでと、スタッフさん達にも見守られている。
どう考えても、父の場合は家にいられる事が幸せだ。

不衛生面、スタッフさんの負担を少しでも回避したくて、つい1日中
カメラを見てしまう。
トラブルが回避できても、私の心はむしばまれる。

なんか、悔しい。
いつか、変曲点が来るだろうと、その日を期待して、
あと少し、あと少し、と自分に言い聞かせる。

| | トラックバック (0)

■2019/2/8(金) 一瞬が勝負 / 9:00pm


K190208


今日は父の訪問看護の日だった。

看護師さんも色々大変。
体重測定は、栄養摂取は大丈夫?という検討材料になるので、
本当は正確に知りたい。
それが、父の場合は立つと足元がおぼつかず、ぐらぐらして、
手すりもなかなか離せない。
やっと「せーの」で離したと思ったら、
体重計の電源が落ちてしまう。

そうじゃなくたって、父のぐらぐらのせいで、
数字もぐらぐら。看護師さんが〝一瞬”を読みとらなければならない。

4日前、父はちゃんと食べているのに体重が3キロも減って、
みんなに心配をかけた。
ぐらぐらのせいだ。
今日の測定値はいつもの数字に戻り、ほっ。
父自身は「我、関せず」。

ぐらぐらしていても、帳尻が合えばよし。
人生もプラマイゼロで帳尻が合えば納得がいきそう。
父を見ていると、生きている姿が格言みたい。
教わる事が多し。

| | トラックバック (0)

◼️2019/1/31(木) 高額医療費 / 10:30am




贅沢な受診代行ですよcoldsweats02

父の循環器受診予約を延期し、
私だけ受診代行&薬を貰ってくることになった。
新幹線で受診代行。
非常に高額な医療費ですよー。


それにしても今年のインフルエンザ感染猛威は
どうしたものか。
新薬ゾフルーザの副作用を密かに疑っている。
東京神奈川からウィルスの運び屋にならないよう、
細心の注意をしながらの帰省は、
実家ステイ小1時間になる予定。

| | トラックバック (0)

■2019/1/29(火) モード / 5:20pm


K190129a_2


| | トラックバック (0)

■2019/1/22(火) カメラ地獄 / 6:55pm


K190122

今日も父の見守りカメラをひたすら見てしまって、ああ、1日が終わろうとしている。
がーん。こんな毎日は嫌だなあ。(^^;)

父は、多分、自分自身の一生のテーマ(経済学研究)以外はボケていくのだろう。

今日はまた新たなとんでもない事をやってのけた。
犬や猫と同じで、やったその瞬間に話さないと、
知らぬ、存ぜぬ、となってしまう。

新たなボケの被害は今日は無かった。セ~フ。
これを明日もあさってもやられたら、いつか大被害が発生しかねない。
父は最後の執筆をするつもりでいるので、思考能力が無くなっているわけではないが、
いかんせん、その瞬間に話さないと理解してくれない。

今日はそのチャンスは無かったけど、明日以降はどうかな。
その為に、おいらはずっとカメラを見てしまうのか?
それ以前に、もうこんなボケはやって欲しくない。
父よ、今日のボケた行動そのものを忘れてちょーだい。(^^;)

写真は口直し。大昔の1枚を添えました。

| | トラックバック (0)

■2019/1/18(金) 寝相 / 9:20pm


K190118


いつからか、父は毛布をかぶって寝る事が多くなった。
写真は今朝の朝7時、起床前の寝相です。

頭かくして、足かくさず。
逆頭寒足熱。

息苦しくないみたい。100歳だから呼吸量が少ないのかもしれない。

毎朝、この見守りカメラのスピーカー機能でモーニングコールをするのです。

 私「おとーさん、おはよー」

 父「ほわほー(おはよー)」 (もぐっているから発音がはっきりしない)

 私「そろそろ起きてね。7時半だよー」

 父「むん(うん)」

毎日毎日僕らは鉄板の…、って歌いたくなるような毎日の親子の朝。

でもね、
今日も無事に朝を迎えました。
父ばかりでなく、私だってそう。
命あるもの、次の1秒はわからないのだから。
ならば、日々を大切にしなければ。

ということで、今日は愛しの丘へウォーキングに出かけた。
ホームページの書き方に時代遅れを発見し、しこしこ作業をしたし、
そこそこ忙しい1日だった。

明日はどこかに出かけたいな。

| | トラックバック (0)

■2019/1/17(木) 意欲 / 9:15pm

K190117


なんだか、意欲があがらない。
原因はそこそこわかっている。
カメラで父をみていて、こちらの気持ちがどんよりとしてくるから。

昨年12月から父は、表情が豊かではなくなり、
電話での会話もあんまり進まない。
生きるエネルギーレベルのチェッカーである食に対する意気込みは減っているように見える。
(食べているのだけど)

そんな父が気になり、時間があればずっとカメラをチェックしてしまう。
カメラの見すぎは良くないのはわかってるけど…、
今、介護で同じ類のカメラを設置している人は多い。
親の事を放ってはおけないもの。

介護って、未来がないから、介護する側は鋭気を奪されてしまう。
よほど明るく、目標でも掲げて向き合わないとダメになる。
何でも同じで、どうせやるなら明るくハッピーにしたいな。

と言いつつ、昨日管理させて貰っているHPの作業を終え、
今日は特にやる事がなく、
だらだらしてしまった。
ウォーキングもさぼった。
頭が暇だと余計な事ばかり考えてしまって。

明日こそ、あれをやって、あれもやって、
メリハリのある1日にしよう。

| | トラックバック (0)

■2019/1/14(月) どんと祭 / 11:00pm


K190114


写真はウィキペディアから拝借しました。

今日は実家近くの八幡神社の『どんと祭』です。
宮城県内の神社で行われる真冬の行事で、
お正月様を焼いて、御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願するのです。

歩いていける距離なので、小さい頃から毎年行ってました。

今日は、来るヘルパーさん、来るヘルパーさんが父にどんと祭の話をしていたようだけど、
父はどんな返事をしたのかなあ。
昔の記憶ははっきり残ってるから、きっといい会話になったと思う。

子供にとって火の勢いは驚異的で、迫力があったのを思い出す。
もっと近くに寄りたいのに、顔が熱くて寄れなかった。
母と手を繋いで見物したっけ。

ふんどしと足袋、鉢巻だけの肌の男衆が市内を練り歩くのも見応えがある。

祭りはどれもエネルギーがみなぎってる。たまには見たい。気持ちが引き締まりそう。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧