« 2017/10/28(土) Un peu de fatigue / 6:40pm | トップページ | ■2017/10/30(月) お一人様ランチ / 3:00pm »

■2017/10/29(日) 薬剤師研修 / 5:00pm


K171029a


昨日おとといの仙台の疲労に埋もれていたら人生台無しです。
疲れは活動で癒した方がいい。

ということで、薬剤師研修に参加してきました。
芝公園の真ん前@慶應大学薬学部にて。
もやの中の東京タワーが存在感たっぷりでした。

今日のテーマは、

『高齢者の理解と在宅療養支援』

聴講しないでどうする?でしょう?

感動しました。涙がこぼれそうになりました。

もっともっと高齢者としての父を尊重して、大切にして、理解をして、
お互いに気持ちよくなれるように介護をしていこうと決心しました。

先生の言葉が胸に響いたのです。

・高齢者の生き方は、その人でしかない歴史がある。
・若い人とはまるで違う。
・どのような状態でも、その人なりの強み、持てる力をもっている。
・その人なりの人生を統合しようとしている。

生きてきた歴史を今見せてくれている。一方で
「老い」という機能低下・喪失はある意味で絶望だと思うのです。
生き抜く力をめいっぱい使っている高齢者。
それには〝基本的信頼感の獲得”なしには難しい。
基本的信頼感とは、介助の手。介助スタッフさんであり、家族。

エリクソンという老齢研究者の言葉によると、生き抜く力とは、

老いを超越する事=老年的超越性。
すなわち、
生への願望、更なる恵みや光への希望と、失調要素の甘受。


うわ…すごい事。泣きそうになりました。
高齢者としての父をもっともっと尊重しないと…。

そして、私は心底労われたのです。

高齢者とどうかかわっていくか? 気持ちが態度に出る。
介護をする事は必ずしもHappyではない。それでいい。表に出ないその本音を押し殺さず大切にして、 そういう自分を知っていればいい。
自分の本音を知った上で高齢者と関わる事が大事。そうすると、本音も変わっていくかもしれない。


私はまさにそうです、必ずしもHappyではない自分の本音を常に自覚しています。
本音が態度にもろに現れて、父に当たってしまって、反省する事もしばしば。
それを繰り返して、やっとわかってきました。遅いです。
でも、まだ間に合う…。
何度もやってしまうけど、少しずつ本音が変化してきているのも実感しています。

これまでの9年間が報われたような気がして、泣きそうになりました。

もっと父を理解してあげよう。優しくなろう。。。

さて。朝イチから午後1時まで研修を受けて、腹ごしらえのランチはすごくオシャレな店でお一人様ランチを楽しみましたよ。 その様子はまた今度。

|

« 2017/10/28(土) Un peu de fatigue / 6:40pm | トップページ | ■2017/10/30(月) お一人様ランチ / 3:00pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2017/10/29(日) 薬剤師研修 / 5:00pm:

« 2017/10/28(土) Un peu de fatigue / 6:40pm | トップページ | ■2017/10/30(月) お一人様ランチ / 3:00pm »