« ■2016/12/22(木) 内面もへったくれもない/ 10:00am | トップページ | ■2016/12/24(土) 小さな幸せ / 3:15pm »

■2016/12/23(金) 父の希望 / 11:30am


姉が実家に日帰りをしてくれています。
助かる。

今回はかなり面倒な案件。
実家の廊下の冷気をいかにして緩和できるか。
昨年までと同じ環境なのに、今年は父が寒がるのです。
殆ど動かず座ってうとうとする時間が激増したからでしょう、
古い木造一軒家、廊下から冷気が入ってきて足元がスースーするそうです。
今日の姉は、改善策の検討。
次回私が帰省した時に作業をする事になりそう。(女手で頑張ったり、業者を呼んだり。)

父の一人暮らしは非常に大変になってきました。
ケアマネさんや訪看さんは「もはや限界を超えています」とおっしゃる。
それでも、本人と家族の希望を応援してくれるので、現在こうして頑張っているわけだけど。

冬は寒い。夏は暑い。どちらもしんどそう。
歩行は100%つかまり歩きになったし。
手すりがない箇所は、手を伸ばして伸ばしてうーーんと伸ばして、やっと柱に掴まる。 見ているとヒヤヒヤします。(手すりは次第に「家の中いたるところ」になっていくでしょう。)
視力もかなり低下。靄の中。
それでも父は、
 「まだ最後の執筆が終わらない、ここで暮らす事以外あり得ない。」
と言うので仕方がありません。

介護の現実は、色々な状態、状況があります。
それぞれ、悩んで悩んで、やっと方法を決めて(決めざるを得ない)家族は向かっていくのです。
本人よりも、周りの家族は必死です。
そんな家族が、本人とのバランスを考えて導き出した方法は、
すべてが〝一番”であり、〝ベスト”なんだと思う。

幸運にも、父はなんとか在宅生活が出来ている、ということ。
介護サービスをめいっぱい頂き、足らずに自費が発生していて、1カ月の介護費用はケアマネさんが驚くほどに膨れてしまったけれど、お金の問題ではないのです。というか父の年金や貯金は父のもの。全て使い果たしていいわけで。(その代わり、私は余裕がないから全然出せないよ~、汗)

とにもかくにも、なんとか一人暮らしを続けていられるのは、
父の頑張りであり、父の能力であるのだから、
その点を大いに評価し、でき得る限り続けさせてあげたいと思う。
それで何かあったとしても、父は後悔しないに違いないから。

|

« ■2016/12/22(木) 内面もへったくれもない/ 10:00am | トップページ | ■2016/12/24(土) 小さな幸せ / 3:15pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2016/12/23(金) 父の希望 / 11:30am:

« ■2016/12/22(木) 内面もへったくれもない/ 10:00am | トップページ | ■2016/12/24(土) 小さな幸せ / 3:15pm »