« ■2015/1/20-21(火水)グロッキー / 8:00pm | トップページ | ■2015/1/24(土)負けられない / 11:10pm »

■2015/1/22(木)大失敗。退院は延期 / 11:10pm


父の退院は大失敗に終わった。

退院カンファレンスの時に、
あまりにも多人数の関係者の参加と(7名)、
あまりにも狭い窮屈な場所での座位と、
そして、
あまりにも強制的な(父にとって? *1)私から父への提案が重なり、
父は参ってしまったのだ。

カンファレンスの場で脳貧血を起こしてしまい、退院が延期になった。

父はすぐに落ち着き、普段通りになった。
脳CTも心臓も、どこも特に問題なし。
それだけはほっとした。
原因は、疲れとショックでしょう、とのこと。

私…疲れはてちゃった…。
ドンヨリがっくり、私も倒れてしまいたい~(^^;)。

(*1)の提案とは、関係者は皆必要な事だと言ってくれましたが、
父にとっては心のない、父の気持ちを無視したものだったらしい。

“退院前の体制そのままがいい。そうしてくれ。
 そうじゃないとやりたいことができない。勉強がしたいんだ。
 わかってくれ。”

という父の訴え。
もう、本当に、これっきりにしよう。
全て、父の希望通りにしよう、と姉と決めた。
正直に書いてしまうと、半ば姉と私は、「もう勝手にして。」といいたい心境…。
そんな事ではいけないかな、でも、もうどうしようもないのです。

関係者は心配してくれます。
これからも、できる限り考えていきましょう、と言って下さる。
退院前に私は関係者と(遠距離なので電話オンリーでしたが、)
それなりにたくさん話し合いったのです。
関係者は皆さん口をそろえて、(担当医の先生、病棟看護師さんも含む)
 ・退院後すぐに自立は大変です。
 ・家に戻る前に少しでもショートステイかリハビリ転院を、とか、
 ・この機会に施設入所を考えた方がいい、とか、
 ・どうしても自宅に戻るのならもっと人の目を増やさないと、
と提言をくださった。

もうどうしようもない。

父の人生は、父が一番ハッピーに思うように過ごすのが一番。
私だってそう。みんなそうだ。ハッピーに過ごすのが一番幸せ。
父の気持ちを守ってあげよう。父がやりたいように、やっていくしかない。

(*1)は、こういう提案だった。これが父のショックを導いてしまったのです。

退院後は自宅に戻って再び一人暮らしをするのだけど、入院中の生活が便利だったから、しばらくは疲れると思うの。誰でもそうなんだよ。だから、退院前より人の目を増やそうよ? 朝夕、食事介助と服薬の確認まで、介護会社のお手伝いさんに来てもらおう。薬は4つも増えたし。
ずっとではなく、退院後の体力が戻るまでの間だけ。慣れたら退院前の体制に戻そうね。


これに対して父は「朝夕2回も人が入るのはあり得ない事だ、嫌だ。一時的でも嫌だ、以前より多く入られる事は考えられない。なんでも自分でできる」と言いだし、脳貧血で倒れてしまったのだ。
怖かった。そして、これからの事が、益々怖くなった。

12月初めに介護認定の見直しをした結果が、昨日出ました。
父は要支援1から要介護1に上がっていました。
認知症がないと要介護にはならないだろう、と言われていましたが。
認定士さんがみて、父の活動度、身のこなしは、介護レベルだと判断された、という事です。
12月初めの時点ですでに。
父には昨日電話でその事を言いました。
そうなのかー、と言ってましたが、それでもやはり「なんでも自分でできる。心配するな」と返してきました。

(1月24日記。)

|

« ■2015/1/20-21(火水)グロッキー / 8:00pm | トップページ | ■2015/1/24(土)負けられない / 11:10pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2015/1/22(木)大失敗。退院は延期 / 11:10pm:

« ■2015/1/20-21(火水)グロッキー / 8:00pm | トップページ | ■2015/1/24(土)負けられない / 11:10pm »