« ■2015/01/09(金) 怒涛の一日 /9:40pm | トップページ | ■2015/1/11(日)こういう時こそ小奇麗にしよう / 11:00pm »

■2015/1/11(日)遠距離介護@今でしょ! / 0:30pm


おととい入院してしまった父を想うと胸がキュンとします。
毎日、姉と私のところへ、今までの定期便電話をちゃんとかけてくる父。
助かります。
こちらからは電話はかけにくくて。大部屋で携帯は鳴らせないから。
 (個室は満員で不可でした。)

ただ、ベッドに横になりながらの電話声は聞きとりにくい。
お腹に力が入っていないのか、フガフガなのです(^^;)。
別に安静ではないのに、96歳の超高齢者の父は、
環境の変化に対応できないようです。
それが一番心配です。
慣れないベッドからなかなか身を起こせない、ベッドから出るのも一苦労。
そりゃそうです、96歳、身のこなしが弱っているのだもの。

このまま寝付いてしまわないように、なんとか励ましたい。

弱音を吐く父。

 「こんな事になってしまって…」

この世の終わりのようなか弱い声。(^^;)

マッサンのエリーを真似て、“大丈夫、大丈夫だよ、お父さん。”
と返すのがせいいっぱい。

まだ入院二日目。誰だって落胆してしまうと思います。
だから、父の気弱も当たり前ですね。大丈夫、大丈夫。

このタイミングでよかった。
一人暮らしの通院治療では思うように進められないのだから。
足のむくみのために利尿剤をかけているので、おしっこの量がすごいのです。
父一人では、にっちもさっちもいかなかった筈。
だから、これがベストだったのです。

足のむくみの原因は心臓の衰え。肺にも少し水がたまってました(ヒヤヒヤ!)。
まあ、いわゆる“心不全”です。
むくみ改善と心臓の経過を追う必要があって入院になったのです。
担当の先生に言われました、

 「一人暮らしをしているのはすごい事です。とてもお元気!
  執筆活動を続けていくためにも、ここできちんと治療をしましょう。」

そうなのです、今後の為の入院治療。前向きな入院なのです。

父よ、早く慣れてね。
大丈夫、大丈夫。


こういう時こそ!
メソメソしていられない。髪をぼさぼさにしてもいられない。

と思って、ヘアカットをしてきました。

その記録は別記事にします。


|

« ■2015/01/09(金) 怒涛の一日 /9:40pm | トップページ | ■2015/1/11(日)こういう時こそ小奇麗にしよう / 11:00pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2015/1/11(日)遠距離介護@今でしょ! / 0:30pm:

« ■2015/01/09(金) 怒涛の一日 /9:40pm | トップページ | ■2015/1/11(日)こういう時こそ小奇麗にしよう / 11:00pm »