« ■2014/6/7(土)古き良きモノ / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/8(日)姉妹はいいね / 4:35pm »

■2014/6/7(土)遠距離介護@涙 / 11:50pm


ああ、なんということ。
この2週間眼の具合が今一つのせいか、
父がとても気弱になっている。
今日は、電話で、涙声になった父。
なんということー(^^;)。

例えば、
探し物が見つからない事を
 「ダメだ、情けない、どうしてこうなるのだろうか?自信が無くなって…」
と狼狽える。
(他にも色々な状態を嘆く。)

誰だって探し物は下手なものだ。
見つからなくてまた買って、そうしたらひょっこり出てくるものだ。

明るく返したが、父の声は受話器の向こうで、涙を含んでいた。

老いる時にもバランスが大事だと、父を見て思う。
1つずつ出来ない事が増える自分をどう受け入れるか。
やりきれない想いは、私の想像を超えている。

父は今、どれほど苦悩しているだろうか?
足がてきぱきと動かない。大好きな庭に降りる事も辞めざるを得ない。
ペットボトルのキャップを開けるのも一苦労だから、ペットボトルのミネラル水はもうやめた。
納豆を足元に落としても、さっと拾えない。
先日は、ベットから起き上がるのに前より時間がかかって驚いた。

それら全てを父はわかっている。

忍び寄る衰え。
それを頭だけはしっかりしている心が受け止める。
なんて残酷な事だろうか。

でもどうしようもない。
父の体と頭の状態は、父が生きてきた「今」そのものなのだ。

受話器の向こうの父の涙声を思い出し、
時々ぐっと辛くなる。仕方がない。

老いてボケたら大変ですよ、とみんなに言われる。
それは、周りの人が大変なんだと思う。
本人は…どうなのでしょうか?うまーく、少しずつボケる事で、
ショックは柔らぐような気がする。

父の場合は、
天からこれでもか、と突きつけられる。
父はクリアな頭で、どうにかして脳内処理をしようとしているだろうが、
その苦悩が、最近私に聞こえるようになってきた。
願わくは、頑張って自力で処理をして欲しい。
出来る限りのサポートはするから。。。

父の投薬もだんだんと不安になってきた。
1人の生活の時間スケジュールに流されて、投薬時間が都合よく変化してきている。
そんな事では、副作用が起こらないだろうか?
ただでさえ、高齢者は副作用が起こりやすいのだから。
勤めていた薬局のボスに、電話で相談をしてみたら、
ボスらしい、端的で、優しい言葉を頂いた。
相談して良かった。色々な人に感謝が尽きない。

|

« ■2014/6/7(土)古き良きモノ / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/8(日)姉妹はいいね / 4:35pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2014/6/7(土)遠距離介護@涙 / 11:50pm:

« ■2014/6/7(土)古き良きモノ / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/8(日)姉妹はいいね / 4:35pm »