« ■2014/6/27(金)ああ、五十肩@リハビリ卒業危機 / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/29(日)これからも / 2:20pm »

■2014/6/28(土)遠距離介護@特効薬 / 3:50pm


今週の日曜日月曜日と仙台に帰った時の事と、
それに関してケアマネさん、看護師さんと電話で話した内容など、
やっと今日、姉に電話で伝えることができた。

私はもっと迅速に、例えば、仙台から帰ったらその夜にでも、
姉と電話で話したい。
しかし、姉は違う。

 いちいち報告を聞いても事態には変わりがない。そこに解は無し

だそうである。
確かにそうかもしれない。
それでも私は聞いて貰いたい。
そう言ったら、「解がないのに。実は聞くのもストレスになりつつある」と返された。
きついなー。それじゃあ独りぼっちじゃないかー!

私が実際に仙台で見てきた父の言動や、父の様子は、父の気持ちを動かせるヒントになるかもしれない。 そのヒントを姉と分かち合いたいと思うのだ。
データを1つでも多くそろえて、そこから見えてくる何かで働きかけて父の意識に影響を…。
必ずや突破口はある筈。父とて人間だもの、基本的に穏やかな状態で話し合いをして、父には自分から見出して貰いたい。

という私の進め方を姉にバサッと切り捨てられた。

どうやら、私は、姉からみて、

 やり過ぎなのだ。それなのに、現実的には足りない、中途半端なのだ。
 (その中途半端が、父に“現状に問題なし”と言わせている)

らしい。中途半端だから、私はイライラとストレスが溜まる。
(しかし、実際問題、これ以上出来ない。姉も認めてくれている。)
そういう私にあれこれ聞かされるのは辟易、前進力がない事だと。

父を動かすには、私がずばっと、

 もう無理、できない。

と言うことしか残されていない、と言われた。
これ以上出来ない、ではなく、もう出来ない、と言うしかないと。

あの頑固自己中な父を変えるには、これが第一選択薬、いや特効薬だ、確かに。

姉と私は、分業してきた。
姉は、誰もが言いにくい事を父に言う役目。
私は、仙台行き来と、毎日の日中の父との電話相手。スタッフさんとのやりとり。

姉は姉で、私は私で、それぞれがいっぱいいっぱいになりつつある。
姉は最近急に白髪が増えたそうだ。私だって、ブス一直線(^^;)。
自己中の父のせいで、娘二人が限界にきている。

要するに、内科の主治医に言われたことを、父が全拒否している現状を
どうやって進展させることができるだろうか?
ということだ。それが、姉妹の目下の悩み。
冬になる前に何とか変えたい…。

悩みの解@アプローチは姉妹それぞれで異なるが、
私は姉が提案する道を今一度考えてみようと思う。
姉は、私の道を「無意味」「時間が勿体ない」と否定する。

父が主治医に言われた事とは、
“そろそろ一人暮らしは無理ですよ。誰かと暮らす事を考えて下さい”。

ホントにもうこういう時期に来ているのに、父は相変わらず動じない。
“今の私には関係がない事だ!”と。

姉に父が言ったそうだ。私が行き来している、日中もいつでも私に電話が通じるから、 今のままで問題なし、と私を当てにしているらしい。

そうじゃない。既に毎日の1人の時間が危険になってきているというのに、
何故父はわからないんだろう?
逃避しているのだろうか。

私はどうしても、父にガツンと
“一人暮らしの限界”を “どうにかせよ”と、はっきりと言葉で言うことができない。
姉は毎日それをやってくれている。
毎日言い続けても動じない父。
私の特効薬を果して私は父に飲ませることができるだろうか…。

|

« ■2014/6/27(金)ああ、五十肩@リハビリ卒業危機 / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/29(日)これからも / 2:20pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2014/6/28(土)遠距離介護@特効薬 / 3:50pm:

« ■2014/6/27(金)ああ、五十肩@リハビリ卒業危機 / 5:00pm | トップページ | ■2014/6/29(日)これからも / 2:20pm »