« ■2010/11/8(月) スイッチ医薬品 / 8:40am | トップページ | ■2010/11/11(木) サプライズ / 10:00am »

■2010/11/9(火) やって貰う / 8:55pm

義母からとても参考になるお話を聞きました。
老人の扱いが、日本とアメリカでは随分違う、ということです。
日本では、「あれやっちゃだめ」「それは私達がするからいいのよ」
と、老人を手取り足取り、ケアしたくなる。
アメリカでは、とことん老人本人に何でもやらせてみる、手を下さない、そうなのです。 動けるうちは、身の回り、他なんでも、やってもらう。
できなくなりつつあっても、まずは「やってみる」ことを薦める。

私は日本人。父に、あれしないで、これもしないで、と如何に父の日常のほんの小さな危険まで予想して、 制限を提案してきました。
父は、まだ、いたって普通に、元気に動いています。背筋はこれっぽっちも曲がっていなくてピーンと良い姿勢だし、首も膝の腰もどこも痛くないらしいし、関節もよく動きます。庭でランニングもどきをして体操しています。食欲も旺盛、田舎のそこそこ広い庭を100%管理しています。大きな木の枝もノコギリで切るし、 家庭菜園のあぜ道や棚を綺麗に作るし。

そんな父に対して、父が寂しそうな表情を見せても容赦せず、あれはしないで、これもしないで。 と注意してきました。

ひどいことに、こんな会話もありました。

私「二階に上がらないで。転んで骨を折ったら寝たきりになるわよ。」
父「転ばないから。」
私「私だって転ぶのだから…。骨折したら本を書けなくなるよ。」
父「でも。気をつけてやるから。」
私「もー、知らないから。骨折したら、それみたことか、になっちゃうよ!」
父「。。。。。。」

義母の話を聞いて、少しだけ考え方を変えてみようと思います。
やりたい父。家事でも何でも、体を動かして、手指を動かして、衰えないようにしたい父。 あまり制限をしないで、やりたいことをやってもらうのも悪くなないと思いなおしました。
その方が、父に温かいケアをしてあげられるような気がします。

|

« ■2010/11/8(月) スイッチ医薬品 / 8:40am | トップページ | ■2010/11/11(木) サプライズ / 10:00am »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2010/11/9(火) やって貰う / 8:55pm:

« ■2010/11/8(月) スイッチ医薬品 / 8:40am | トップページ | ■2010/11/11(木) サプライズ / 10:00am »