« ■2006/10/31(火) フラッシュボンボンボール / 9:45pm | トップページ | ■2006/11/2(木) 素質 / 9:00pm »

■2006/11/1(水) ハーレー@ペアライド / 11:55pm

ハーレー、ペアライド@scene20 2006年11月1日
天候晴天、15~20℃
出発時間8:00
終了時間17:30
コース東名高速→小田原厚木道路→西湘バイパス→箱根ターンパイク→伊豆スカイライン→亀石峠→135号を稲取でUターン→熱海ビーチライン→真鶴道路→小田原厚木道路→東名高速
走行距離本日の走行距離:284Km、ペアライド合計距離:3136Km

K61101ba

新しいシート(K&H社)のテスト第2弾。今日は頑張って多めに乗った(乗らされた?笑)
おとといの感覚をお尻が覚えていて、朝イチで乗った瞬間にビテイコツを感じた。
これは…まずいかも…。と不安が少しよぎったけれど、走りだすと快適カイテキ。
やっぱり「硬さ」がいいのかな、しっくりくる。
もしかすると、中のウレタンは、テンピュールを超えた人間工学に基づいて作られているのでは ないのかな、と思えてくる。硬くてフィット。これが一番の感想。

あ…でも…、帰り道はやはり痛くなっちゃった。相棒さんが度々「休憩する?」と無線で声をかけてくれる。一度痛くなると、休憩してもまたすぐに痛くなるから、どうしようもない。
純正シートと違い、我慢できる程度だから助かるけれど。
いずれにしても、K&H社の歌い文句である「1000キロ乗っても痛くならない」はオイラには無理だなぁ。

さて、景色は今日も最高だった。
伊豆いずイズーーーっ!伊豆特有の小高い地形から海を見るシチュエーションは爽快だった。
眼下に広がる太平洋の海は、黒味をやや帯びた青で、力強く、それでいて穏やかなのだ。
バイクで身をさらしていると、車では感じられない自然の逞しさを感じる。車での訪問では得られない伊豆がある。
通り道だった箱根もそう。ターンパイクの先が局所的に黒い雲に覆われていて、黒雲魔人に
 「ここを通れるなら通ってみろ!」
と試されているような感覚さえ感じた。寒かったし、ちょっと怖かった。←おおげさだけど、ほんとうに車では味わえない自然をバイクだと体当たりで感じる。

写真は、(上)伊豆スカイラインの路肩で相棒さんのハーレーにまたがらせて貰ってパチリ。
下は、伊豆のみかん狩りのお土産。摘みたてだよ!大きいよ!

K61101bb

|

« ■2006/10/31(火) フラッシュボンボンボール / 9:45pm | トップページ | ■2006/11/2(木) 素質 / 9:00pm »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2006/11/1(水) ハーレー@ペアライド / 11:55pm:

» 東急電鉄グループによる箱根ターンパイク管理の無駄 [東急リバブル東急不動産被害者の会]
東急電鉄グループによる箱根ターンパイク管理は無駄だらけであった。オーストラリアの投資銀行マッコーリー銀行は、箱根ターンパイク買収に際し、人件費を半減させた。買収前は二次下請け会社だった企業を対象に工事の入札を実施した。結果、東急電鉄グループが保有していた頃に比べて人件費を除いた維持管理費を8割程度に減らした。マッコーリー銀行は箱根ターンパイクを東急電鉄グループから12億円で買収した。収入は年間約5億円である。同行の日本法人はマッコーリージャパンである。 http://d.hatena.ne.jp/... [続きを読む]

受信: 2006.11.02 20:44

« ■2006/10/31(火) フラッシュボンボンボール / 9:45pm | トップページ | ■2006/11/2(木) 素質 / 9:00pm »